------------- 行商情報------------------------
ハンドメイド市チックチョッキ
3月25日(日)
 10:00~15:00
大塚屋車道店
  東口エントランス
-------------------------------

2018年02月04日

ビニール温室に温度/湿度データロガーを追加

以前からビニール温室の湿度をロギングしたいと思っていました。

現在使用しているのは、温度のみのデータロガーで

Elitech RC-5です。 

今は、アマゾンで1750円で購入できます。


温度/湿度のデータロガーは、

Elitech RC-4HC(アマゾンで2980円)

Elitech GSP-6(アマゾンで4700円)

があります。

今回は、各センサーケーブルが2m、
表示画面が大きいのが特徴の
Elitech GSP-6を購入しました。

防水?するためケースに入れました。 

 センサーは、かなり上の方にしました。

今回、本体は外に出さず入口近くに置きました。 

 

ビニール温室上部の温度

ビニール温室下部の温度

12度近くの差があります。

今まで上部に置いていた温度ロガーを下部に移動しました。 


RC-5には、Windows用のアプリケーションソフトの

CDが付属していましたが、

GSP-6は付属していませんでした。

そこで、Elitech のHPからダウンロードしました。
RC-5もGSP-6もマニュアル、アプリケーションとも英語です。
RC-5については、使い方の詳細を公開しているブログがありますが
GSP-6には日本語での解説が全くありません。
また、RC-5のアプリケーションとGSP-6は、全く異なりますので
RC-5での知識がほとんど役に立ちません。
色々操作して何とか使える状態になったのでビニール温室に入れることにしました。



この記事へのトラックバックURL

http://stg.mediacat-blog.jp/t126730
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい